9月の都心オフィス空室率が発表になりました。
J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日から暑くなるようです。
10月に30度の気温はあまり記憶ないですね。 昨夜は東京震度4の地震がありました。
数日前の青森の震度5がありました。続きますね。
 
今日は昨日公表された都心ビル空室状況です。
東京都心の9月のオフィスの空室率は6%余りで、19か月連続で上昇しました。
コロナ禍でテレワークが普及したことの流れが続いてます。
先月の空室率は前月比0.12ポイント上昇の6.43%。
空室率は
港区が8.64%:渋谷区6.75%:新宿区が6.13%:中央区5.6%:千代田区:4.61%
と発表されてました。9月の平均の賃料も14か月連続で下落オフィスの1坪辺りの平均賃料は2万858円と前年同月比1875円下がりました。(三鬼商事調べ)
※オフィス空室率
不動産業界では従来、経験則として5%がオフィスの「自然空室率」といわれ、
これを上回れば賃料が反転して下がっていく目安とされます。
近年は東京都心で大規模なビルが相次ぎ完成しており、今後も再開発は続く予定です。
総床面積も増えているため、需給の均衡点は3%程度との見方もあります。
2021年10月8日

CATEGOLY

©︎J&H HOME 2023