マンション市場動向について。
J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は雨。今日は1日中冷たい雨の予報。
社内での作業になりそうですね。昨日は初めて暖房を入れてしまいました。
日経新聞には9月の新築マンション販売戸数が掲載されていました。
それによると、
発売戸数は東京23区で前年同月比3.1%減、千葉県で45.5%減だった。一方、23区以外の東京都下は49.1%増となったほか、神奈川県は4.0%増、埼玉県は5.7%増だった。
発売戸数に対する初月契約率は前年同月比5.7ポイント低い67.7%だった。
1戸あたりの平均価格は前年同月から772万円(13.3%)高い6584万円だった。1平方メートルあたりの単価は98.9万円で、同11.2万円(12.8%)上昇した。東京23区の1戸あたりの平均価格は8607万円と24.3%上昇した。
とあります。東京23区の1戸当たりの平均価格8607万円、前年同月比24.3%は驚くべき数字です。
即日完売物件も発表されていました。(5物件383戸)
①パークタワー勝どきサウス1期1次233戸
中央区11629万143.5万/㎡平均2.6倍最高24倍
②ソライエグラン流山おおたかの森5期4時28戸
流山市4573万65.8万/㎡平均2倍最高9倍
9月の不動産経済研究所の資料からの掲載です。
現在の価格水準が続くのか焦点になりそうですが資産価値、世代間の資金移動など多岐に
絡んだ結果だとも考えられます。今後も注目しております。
2021年10月19日
 

CATEGOLY

©︎J&H HOME 2023