コロナ緊急事態の終了とコロナの後始末について。
J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今朝は風が強いです。天気が変わる兆候ですね。昨日は石川県で震度6の地震がありました。被災された方のご無事をお祈りいたします。WHOは「コロナの緊急事態の終了」を宣言しました。3年3か月続いたコロナが
一定の終息に向かっています。それでもコロナと共存していく事には変わりないので注意
は必要になります。コロナは収束に向かっていますが、コロナ対策で世界に溢れたマネーは
2000兆円を上回るようです。現在世界経済はこの資金の副作用であるインフレに苛まれています。副次的にコロナに翻弄される時間はまだ続きます。と言っても日本は長らく続いたデフレ経済から脱却して、社会構造も変わり賃金も上がるようになってきました。考え方を
変えればインフレは持っている現金の価値が日に日に減っていくのですから投資に向かわせなければ損をしてしまいます。まさに不動産はインフレ耐性が強い商品ですから注目される
事になります。しかしながらご存じの通り実際はかなり前から地価は上昇していますのでタイミングは難しいと言えます。よく買い時はいつですか?と聞かれます。世界経済が人々の努力で右肩上がりであり続ける限り値段は上がり続けるので本当なら今が買い時なのですが
我々日本人は30年間地価の下落を目の当たりにしてきました。また今後人口が減少するのですから早計に答えが出しづらくなっています。個人的には賃貸で払い続ける額を計算して
みることをお勧めしています。大きな買い物ですからしっかりと考えていきたい問題です。
我々不動産エージェントもお力になれるようなお話をする力が大事だと今更ながらに感じています。
2023年5月6日

CATEGOLY

©︎J&H HOME 2023