マイナス金利の解除。経営者としての逡巡

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。今日は暖かいというより暑かったですね。春を通り過ぎて初夏の気温だった気がしました。内覧発表会を開催しました。内覧販売会で皆様んと天気のいいなかでお会いでき楽しい時間を過ごしました。弊社では「東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション」「狭山入曾新築戸建「VIP日本橋浜町リノベーションマンション」「ヴェレーナ浅草」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)を販売させて頂いております。この機会に是非ご内覧ご検討ください。

19日の日銀決定会合ではマイナス金利の解除がほぼ決定的になったと思われます。春闘で賃上げ率が5.28%になったことで環境が整ったとの判断になるようです。同時にYCCの解除とETF・REITの買い入れも終える見通しです。ただ景気判断が弱気になったり債券市場が売り圧力にさらされた場合はYCC含め議論に上がってくると思われます。CPIが落ち着いている事、世界の景気が踊り場に入っている事は懸念材料と言えると思います。かねてから申し上げている住宅ローンや企業調達金利など不確定な要素があります。我々不動産業界や会社を経営するものにとっては注意深く市場を見なくてはならなくなります。実際戸建の売り上げは地域によっては頭打ちになっているようです。消費者の心理が利上げによってどのように動くかも注視していかなくてはなりません。仕入れについては今までよりきめ細かい収支計算・素早い対応が要求されることは規定です。本当に難しい環境になってきました。世間は給与の上昇や株価の上昇など明るくとらえてますが、経営的には負の部分もフォーカスしてしまいます。こんな時こそ動いて調べて考える事が重要なんでしょうね。負けの3要素・情報不足・行動不足・創造不足にならないようしっかりと対応していきたいです。 明日も内覧発表会頑張りましょう 2024年3月16日

CATEGOLY

SITE MENU

OFFICE

〒103-0004
東京都中央区東日本橋 1-3-7

OPEN HOUR
am 10:00 ~ pm 19:00

OFFICE

〒103-0004
東京都中央区東日本橋
1-3-7

OPEN HOUR
am 10:00 ~ pm 19:00

©︎J&H HOME 2023