金融政策変更の週。物件を賢く買う方法はあるのでしょうか?国の施策から見る対応について。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は晴れ。桜の蕾が少しずつ膨らんできています。なぜか心が弾むのはどうしてでしょうか?町会のお花見も仕事で参加できないというのに。 平日でも弊社では「東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション」「狭山入曾新築戸建「VIP日本橋浜町リノベーションマンション」「ヴェレーナ浅草」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)を販売させて頂いております。この機会に是非ご内覧ご検討ください。

金融政策は今週動くことが予想され住宅ローンへの影響が予想されます。そのほか法律的には住宅ローン減税の改定は現在の所出ておらず、施策としては購入を促すものから省エネ住宅を推奨するモードに変化しています。物件価格の上昇分を減税でカバーする事になりますので、購入価格のサポートにはなりにくいです。補助金では国交省から4種類の住宅購入支援が出ています。例えば3月下旬から予想される子育てエコホーム支援事業で省エネ認定された住宅には最大100万円の補助金が支給されます。また贈与税非課税枠はこちらも省エネの水準によりますが1000万円まで非課税となります。ここからも政府がエコ住宅を推奨していく事が分かります。戸建メーカーも省エネ住宅へシフトせざるを得なくなります。以上のように価格面での補助金がエコ住宅で上昇するだろう価格を相殺する程度となりそうです。戸建メーカーには厳しい環境になるかもしれません。また消費者にとっては物件価格がサポートされる補助金が出ないので家計を見直すことでの対応になります。具体定期には保険や生活費の見直しNISAを使った投資などが挙げられます。弊社でも物件購入に際してFPと連携してきめ細やかな対応を心がけます。何卒宜しくお願い致します。2024年3月18日

CATEGOLY

SITE MENU

OFFICE

〒103-0004
東京都中央区東日本橋 1-3-7

OPEN HOUR
am 10:00 ~ pm 19:00

OFFICE

〒103-0004
東京都中央区東日本橋
1-3-7

OPEN HOUR
am 10:00 ~ pm 19:00

©︎J&H HOME 2023