緑を守る。子供たちに十分な教育環境を。難しい問題です。

J&H HOME(株)小野弘志です。東日本橋は曇りのち小雨。今週末は天候が不順でしたね。この1週間はぐずついた天候が続きそうです。

今週も内覧販売会を開催しました。「東小松川3全館空調新築戸建」「大森永谷マンション」「狭山入曾新築戸建「VIP日本橋浜町リノベーションマンション」「ヴェレーナ浅草」(青文字リンクで物件概要にジャンプします、クリックしてください。)を販売させて頂いております。今週から「東浅草土地2区画」が加わります。明日からのウィークデイもご内覧できます。是非ご検討ください。

先日弊社の近くの日本橋中学校で卒業式がありました。中央区は人口が増えていて校舎が足りず、日本橋中学校も6月から6年間近くの浜町公園に仮校舎を建設して新校舎を建築します。近隣の久松小学校は幼稚園が併設されていますが、小学生が増えすぎて場所を確保できず、日本橋本石町にある常盤小学校に間借りしています。日本橋中学校の土地は校庭を作るために中学校の本来の敷地と隣接する公園の2区画を中学校として使用してきました。新校舎は元来の中学校の土地(2/3程度になります。)に校舎ビルを建てて屋上に校庭を作りプールは地下になる予定です。間借りしていた公園は再整備されて公園から隅田川テラスが一続きになり憩いの場として建設されます。今日この話題を取り上げたのは、仮校舎ができる浜町公園の土地に植えてあった木を伐採する事が環境破壊と考えている団体があるという事です。同様な問題が神宮球場周辺で起こっています。中央区では大木は移植すると表明していますが、納得できない団体が反対運動を起こしています。都心の憩いの地として区民に緑を提供している中央区最大の公園である浜町公園。大木は樹齢も50年近くあるといいます。反対派はこの決定が区民に十分説明がなかったと言っています。区は十分配慮して伐採でなく移植であることを明言していますが6年後仮校舎が立ち退いた後も旧来の緑が戻るまで数十年かかるそうです。方や生徒が増大して旧耐震の校舎もあって建て替えが必至の都心の中学校、旧来でもバスケットコートは冬場はプールに蓋をして作られます。100m走は隅田川テラスの土手を使って行います。限られた場所が手狭になり十分な教育環境が担保できない事も十分理解できます。この問題は全体を把握していないので多くを論じる身分ではありませんが、我々のビジネスに重ねるとボタンを掛け違えた。初動を誤った可能性があります。我々であれば顧客の不満や不安を私共の説明・行動が起こしたのであればすぐに説明・謝罪が必要です。顧客に有益な説明もTPOを誤ると不快な思いをさせてしまいます。十分な説明の時間を取って打ち合わせを対面で行う事が重要だと思います。メールやライン、ツールは増えても私が古いからでしょうか?会って話すことがお互いの思いが通じると思ってしまいます。特に大きな金額が動く不動産の世界では慎重に仕事を進める事が重要になります。対して物件によっては他のお客様もいらっしゃるので時にスピードを上げて顧客を不安にさせてしまいます。この時までにどれだけ説明ができているかが契約の成否を決める大きな要素になるのではないでしょうか?大きな問題を改めてTVで見て感じました。「誠実・熱心・謙虚」社是を今日も口ずさみます。しっかり頑張りましょう。2024年4月24日

CATEGOLY

SITE MENU

OFFICE

〒103-0004
東京都中央区東日本橋 1-3-7

OPEN HOUR
am 10:00 ~ pm 19:00

OFFICE

〒103-0004
東京都中央区東日本橋
1-3-7

OPEN HOUR
am 10:00 ~ pm 19:00

©︎J&H HOME 2023